Featured Column

くすみのシューケア生活

革靴だけでなく、レザーのバッグや財布、家具などにも使える革の万能お手入れグッズ

ホーム > くすみのシューケア生活 > 革靴だけでなく、レザーのバッグや財布、家具などにも使える革の万能お手入れグッズ

昨今の男性向けの恋愛コラムとかモテTips的コンテンツの中に必ずと言っていいほど含まれているのが『清潔感』というキーワードです。男は黙って粗塩で全身を洗って清めていた時代はとっくに終わって、今は男性にもスキンケアとかアンチエイジングが求められる時代。
ただ、洗顔をした後に、化粧水を塗って、乳液を塗って、日焼け止めを塗ってというのはなかなか大変なので、せめて我々メンズもオールインワンのスキンケアクリームくらいは塗っておきたいものです。

 

革製品も同じで乾燥や摩耗や屈曲によって、徐々に劣化をしていくものです。
汚れ落とし、保湿クリーム、ツヤ出しクリーム、ワックスなどいろんなものがありますが、革靴専用だったりそうでなかったりなかなか種類も多く選ぶのが難しい…。
なので、せめてレザーケアにもオールインワンのローションがあることくらいは知っておきたいものです。

ユニバーサルレザーローション

サフィールのユニバーサルレザーローション。
革靴にもそれ以外の革製品全般に使えるローションタイプのレザーケアグッズです。スエードのような起毛革には使えませんがバッグ、財布、ベルト、レザージャケット、革製の家具などにも使えます。ローションタイプなので面積の広い革製品には塗り伸ばしやすいのが特徴です。

効果と成分

革に対する保湿と栄養補給をすることができるので、革を柔軟に保ち、劣化やひび割れから革を保護することができます。また、ロウ分も含まれているので、革表面に薄いロウの皮膜をはり、ツヤ出し効果だけでなく外的刺激から革を保護する効果もあります。

保湿効果と革を柔軟にする効果は植物由来のホホバオイルによるものです。ホホバオイルは化粧品などにも使われていることでもよく知られていますね。
ホホバオイルは革の色を濃くしないので、淡色の革が使われている婦人靴でも革の色を濃くしてしまう心配はありません。

また、ローションに含まれる有機溶剤で簡単な汚れを落としたり古いローションを落として、新しく塗るローションの浸透を高める効果もあります。
これぞまさしくレザーケア界のオールインワンローションなのです。

使い方

使い方も簡単です。とにかくオールインワンなので、革製品に塗り伸ばして、5分程度乾かして、乾拭きをするだけ。
本当にこれひとつで革をキレイに長持ちさせることができます。

左足(写真右側)の方がツヤが強く出ているのがお分かりいただけると思います。

レザーバームローション

ユニバーサルレザーローションと同じローション系のグッズで、サフィールノワールのレザーバームローションというものがあります。こちらも革製品全般にお使いいただけるオールインワンのローションです。

ユニバーサルレザーローションの植物由来のオイルであるのに対して、こちらは動物由来のミンクオイルが主成分です。動物性のオイルは植物性のものよりもしっかりと栄養補給ができるため、紳士靴や厚手の革が使われている革製品にであっても十分効果を発揮します。

レノベイタークリーム

そしてレザーバームローションと似た成分でできているのがこちらのレノベイタークリームです。

先にご紹介したローション系のグッズは塗り伸ばしやすくするために水分が含まれていますが、こちらのレノベイタークリームはクリーム状なのでローションタイプのものより水分が少ないのが特徴です。
水分が少ないということは、オイルやロウなどの有効成分が濃く含まれるためその効果もより期待できますが、ローションタイプのものよりねっとりとしたクリームなので、広範囲に塗り広げるには少々不向きです。

なのでこちらは、比較的面積の狭い紳士靴や革小物などに向いているクリームです。当然こちらも革製品全般に使えるものです。
革小物に塗ると革がしっとりもっちりしてやわらかくなったことを実感できますが、さらっと仕上がるので個人的にはとても気に入っているクリームです。

最後に

靴や革小物をキレイにしたからと言ってモテるわけではないけれども、身だしなみの一環としてこれ1本で革製品をお手入れできるオールインワンのローションくらいは玄関に置いておいてもいいのでは?というご提案でございました。

僕もオールインワンの基礎化粧品を洗顔後に塗っていますが、肌は細胞が生まれ変わるので正直効果はわかりません。塗らないよりマシだろうと信じて使い続けてはいますが、30歳を超えたらシミも増えたし毛穴も広がるし…。むしろ食生活とか睡眠の質の方が肌には効果がありそうです。

 

でも残念ながら革は生まれ変わらないので、定期的に栄養補給をしてあげないとすぐに劣化してしまいます。革が乾燥してひび割れが起こると修復は難しいです。
クリームやブラシやワックスを使う本格的な靴磨きにも楽しさはありますが、それが面倒だという方はまずはこれ1本だけからはじめてみてはいかがでしょうか?

最後までお付き合いいただきありがとうございました。


Writer profile

楠美 皓平 Kohei Kusumi

革靴ジャーナリスト・ブロガー

祖父に教えてもらった靴磨きがきっかけで、靴のお手入れ方法や革靴に興味を持ち、『革靴の魅力や靴磨きの楽しさをもっと多くの人に知ってほしい』という想いでブログやYouTubeで情報発信を行う。また、ファッションとしての革靴だけでなく、足を支える道具としての革靴という側面から、靴選びの大切さについても発信をすべく知見を深めている。
ブランドや職人の取材のライティングをする一方で、靴好きの方のコミュニティの活性化の一環としてイベント運営も手がける。
前職のwebディレクターの経験からシューメーカーのブランドサイトやオンラインショップの制作・カスタマイズ、広告運用を受け持ったり、ブランディングや商品開発のコンサルなども行う。

blog
https://kusumin.com/

YouTube
https://www.youtube.com/c/LeatherShoeJournal

instagram
https://www.instagram.com/starfish0925/

Copyright (c) Shoes Life All Rights Reserved.