ホーム > トピックス > 誰でもできる! 革小物(革財布)の簡単お手入れ
公開日:2021/10/14 

誰でもできる! 革小物(革財布)の簡単お手入れ

革のお財布、お手入れしてますか??

革小物のお手入れのイメージ画像です。

革靴はローテーションで数足を履き替えたりするので、だいたい月に1回を目安にお手入れすることをおすすめしています。

ところが毎日使っているからこそ、ついつい後回しにしがちなのが“革小物のお手入れ”です。

革小物、というとたとえばお財布や小銭入れ、名刺入れ、キーケース、ベルトなどなどありますが、毎日使っているからか「そんなに汚れてないよな~」とか「キズとかついたらすぐわかるし、気づいたらやればいいや~」とか考えてしまいます。
でも見逃しがちですが、手の皮脂や一緒に付着する汚れ、カバンやポケットから出し入れする時に付く小キズ、ツメを立ててしまい引っかきキズをつけたり、雨に濡れたり、落っことしたり、革小物も思いのほか過酷な環境にさらされているんです。

そこで今回は「初心者でも気張らず簡単にできる革小物のお手入れ」をご紹介いたします。
サンプルは「革のお財布」です。

目次

  1. デイリーケアはブラッシングが命!
  2. サッと使えるレザーローション
  3. イチオシ!革小物はレノベイタークリームでお手入れ。

まとめ

1.デイリーケアはまずブラッシングから

やわらかい馬毛のブラシでほこりを払う

日頃からお手入れが行き届いていれば、まめにブラッシングをするだけでも美しさはキープできます。
ブラッシングがごみ・ほこりを払い落とし、摩擦熱で塗布してあるワックスが再び光沢を放つようになります。
もしブラッシングでも落ちない汚れがついていたり、革が乾いて肌触りが変わってきたかな……と思ったら油分・ワックスを補ってあげる必要があります。

2.サッと使えるレザーローション

忙しい毎日の中でも、思い立った時にササッと使えるのがローションタイプのレザーケア用品の良いところ。
“サフィール ユニバーサルレザーローション”を使えば、手軽に革小物のメンテナンスを行うことができます。

 

  • ブラッシングでほこりを払う
  • 布にローションを取り、全体に塗り伸ばす
    ・1回に塗布するローションの量はだいたい“小豆大”くらい。足りないと感じたら数回に分けて繰り返す。
    ・布に取ったローションは塗布する前に布になじませる。ダイレクトに革につけると革の状態によってはシミになるリスクも。
ユニバーサルレザーローションは小豆大くらいの量を布に取る

ユニバーサルレザーローションは小豆大くらいの量を布に取る

布になじませる

布になじませる

全体に塗り伸ばす

全体に塗り伸ばす

  • 馬毛ブラシでブラッシング
    ・ブラッシングの熱でローションをしっかりと革に浸透させる。
    ・ワックスが定着してベタつきがなくなり、この後の工程でごみ・ほこりが付着しにくくなる。
馬毛ブラシでブラッシングして、塗布したレザーローションをなじませる

ブラッシングで、塗布したレザーローションをなじませる

  • コットンクロスで乾拭き
    ・革になじみきらない余分なローションを拭き取り、ワックス被膜に熱を加えて光沢を出す。

 

ユニバーサルレザーローションでのお手入れにかかる所要時間はおよそ5~10分くらいです。
ガンコな汚れや過剰な乾燥がなければ、それほど手間を取ることなくお手入れすることができます。
お手入れ後には、仕上がったお財布の肌触り・しっとり感を覚えておけば、「今は潤ってる状態」「だいぶ革が乾燥してきたかな」という判断をする目安となります。

 

次はもう少しだけ手をかけたいと思います。

3.編集部イチオシ! 革小物はレノベイタークリームでお手入れ。

手軽さではローションに分がありますが、光沢や栄養・保革、それらお手入れ効果の持続性においてはクリームタイプのケア用品はとってもオススメできるアイテムです。
その中でもShoesLife編集部のイチオシ!が“サフィール レノベイタークリーム”です。

液体であるローションは同じ乳化性(水と油、ワックスが混ざっている=乳化している状態)でもクリームより水分量が多く配合されています。
と、いうことはクリームはローションよりも油とワックスの配合比率がより高く、配合されたそれぞれの天然原料の効能がよりはっきりと表れやすいと言えます。。

 

★サフィール レノベイタークリームの原料と効能

ビーズワックス=栄養・光沢効果
ミンクオイル =栄養・保革効果

 

革小物のように塗布する面積が狭くて済む場合は、特にレノベイタークリームは扱いやすく効果を実感しやすいのでビギナー向けのケア用品としてとってもオススメなのです。

編集部イチオシ!サフィール レノベイタークリーム

編集部イチオシ!サフィール レノベイタークリーム

少量を布に取り、なじませてから塗布します。

少量を布に取り、なじませてから塗布します。

レノベイタークリームを使うと、革がしっかりと潤って、もっちりとした感触になります。
「この革ってこんなにモチモチしてたっけ!?」と驚くくらいにもっちりします。
それでいてビーズワックスの効果でしっかりとした光沢が出るので、革に与えられた光沢感と潤いを視覚・触覚ではっきりと実感できます。

極上なツヤと潤いを得た革財布(オモテ側)の画像です。

極上なツヤと潤いを得た革財布(オモテ側)

極上なツヤと潤いを得た革財布(ウラ側)の画像です。

極上なツヤと潤いを得た革財布(ウラ側)

お手入れの頻度は使い方によりますが、数ヶ月に1度で問題ありません。
ただ、汚れやキズがついたり革が乾燥してきたと感じたら、その時に対処するようにすれば深刻なダメージとなることはありません。

まとめ

ちなみに、このお財布は2014年の1月に購入してから毎日持ち歩いて、7年と9ヶ月になりました。
その間、冒頭で挙げたような、爪を立てて引っかいてしまったりはしょっちゅうで、通勤カバンともども雨に濡れて水浸しになったりとか、自転車を乗っている時にカバンから派手に落っことして擦り傷だらけにしてしまったりとか、結構散々な目に遭わせてしまっています。

でも、その都度きちんとケアをしてきて現在のこのコンディションを保っています。

 

風水的には「お財布は1~3年で替えたほうが良い」とも言われますが、愛着の湧いたお手回り品はそう簡単には手放せません。
特に革製品は使おうと思えば、ずっと使い続けられるわけですから尚更です。
であれば、できるだけきれいに使い続けたいと思いますよね。

 

数ヶ月に1回・10分程度でよいので、かんたんなお手入れから始めてみて、ぜひその効果を実感いただければと思います。

Le Beau
  • facebook
  • twitter
Copyright (c) Shoes Life All Rights Reserved.