ホーム > トピックス > 動画で解説!かばんの色・キズを補修する。

動画で解説!かばんの色・キズを補修する。

動画で解説! レノベイティングカラー補修クリームでかばんのキズや色あせを補色しよう!

 

これまでサフィール レノベイティングカラー補修クリームの特徴について2回に渡りご紹介してきました。
簡単キズ隠しから本格カラーリペアまで、革製品の色補修はこれで解決! その1
簡単キズ隠しから本格カラーリペアまで、革製品の色補修はこれで解決! その2

今回は↑の2回でご紹介した内容を含めて、実際にレノベイティングカラー補修クリームを使ってかばんのキズ・色補修を行っているところを動画でお見せしたいと思います。
使い方についての手順・ポイントは下記をご参照ください。

 

 

 

動画で紹介している手順と使用する道具

1.ほこりを払う(グランドホースヘアブラシ)
補修に入る前に、ブラッシングをしてほこりやごみを巻き込まないようにします

2.クリームやワックスを取り除く(レノマットリムーバー)
補修部分にワックスや油分が残っているとレノベイティングが乗りにくいため、あらかじめ落としておきます

3.補修クリーム塗布(レノベイティング補修クリーム)
カバンの補修面に合う色に調色したクリームを、厚塗りにならないように注意しながら塗布していきます

4.広範囲の補修 (補修クリーム + 水,筆があると便利)
水で薄めることによって、広範囲に塗り伸ばしやすくなります。色の濃さは重ね塗りすることで調整します。
筆を使うと広範囲や細かなところへの塗布に大変便利です。

5.補修クリーム塗布部分の凹凸を均す(ユニバーサルレザーローション)
ローションの効果で補修面のクリーム凹凸を均し、補修部分とその周りの境目をぼかすことで自然な仕上がりにします。

6.仕上げのブラッシング、乾拭き(グランドホースヘアブラシ,クロス)
やわらかい馬毛ブラシで補修面をブラッシングし、補修部分を乾燥させたあと、クロスで乾拭きをして仕上げます。