ホーム > トピックス > 少しきつい靴を履いた時の痛みを和らげてくれるアイテム サフィールのシューイーズ
公開日:2021/04/07 

少しきつい靴を履いた時の痛みを和らげてくれるアイテム サフィールのシューイーズ

オシャレは我慢。ホントにそう?

トレンドに敏感な方に限らず、皆さんも一度は聞き覚えがあるフレーズだと思います。
新しく靴を買ったばかりの頃、最初に起こる悩みとして「ちょっときつくて痛い」、なんて経験がある方も多いはず。

そんな時このフレーズを思い浮かべて、「痛いのは最初だけ」「最初はみんなこんなもんだ」と、痛いのを我慢してみるけど、痛いものはやっぱり痛い(泣)!

徐々に革が足に馴染んで痛くなくなるのは分かっているけど、どうにかなるならどうにかしたい!助けてサフィール坊や!

どうしても痛い時や、早く快適にお気に入りの靴が履きたい時など、革を柔らかくしてくれる便利なケア用品が、サフィールから発売されていることをご存知ですか?

今回は、saphir.comjournalで公開されている、サフィールのシューイーズについて書かれた記事(How to make your shoes fit with Shoe-Eze®)をご紹介します。

革靴の窮屈さを解消するサフィールのシューイーズ

せっかく新しい靴を買ったのに、いざ履いてみるとちょっときつくて足が痛いということはよくありますよね。
そこでご紹介したいのが、サフィールのシューイーズです。1953年に初の皮革用柔軟剤として開発されたこの商品があれば、新しい革靴の窮屈さともおさらばです。

新しい靴を履くと足が痛くなる原因は主に2つあります。

 

足が痛くなる2つの原因

1つ目は、製造工程で熱にさらされたり濡れた後に乾燥したりして革が硬化するためです。革が硬化して柔軟性が損なわれると、靴が足の動きに合わせて曲がらなくなります。

2つ目は、万人向けに作られる既成の靴は往々にして足にピッタリ合わないためです。足が幅広だったり甲高だったりすると、靴がきつくて足に痛みを感じます。

この二大要素が相まって、

新しい靴を履くと足が痛くなるのです。新しい靴を「履き慣らす」とはつまり、柔らかくなって伸びるまで靴を履くということです。シューイーズを使ってこのわずらわしさから解放されましょう。

シューイーズは

革の繊維構造を柔らかくする皮革柔軟剤で、足の形に合うように靴の革を伸ばします。

足の形に合わない靴は足を痛めます。特に、ヒールが高くて幅が狭くつま先が細いものが多い女性用の靴は足を不自然な形に押し込め、そのまま履き続けると外反母趾などの変形の原因になります。

シューイーズの使い方は簡単。

靴のきつく感じる部分の内側と外側に(内側に特に念入りに)スプレーし、1~2分おいて浸透させてから履いてください。

それでもまだきついと感じたら、

部分的または全体的に靴をシューストレッチャーで伸ばすといいでしょう。シューイーズとシューストレッチャーを靴のお手入れキットに加えていただくと、新しい靴やきつい靴を履くときに便利です。

こちらの画像のような、きつい部分をピンポイントで伸ばせるパーツが付属している(この独創的な装置の生みの親である)ダスコ製のシューストレッチャーを使うと、お好みの形に革靴を伸ばすことができます。

シューイーズは、スムースレザーにもスエードにも、あらゆる革に安心してお使いいただけます。

最後に

靴を履いた時に痛みを感じた時に痛みを和らげてくれる、サフィールのシューイーズについて書かれた記事をご紹介しました。
(引用元:saphir.comjournalで公開されている記事How to make your shoes fit with Shoe-Eze® より)

今まで靴を購入したお店に幅伸ばしを依頼したり、革が足に馴染んで痛くなくなるまで耐えてきたり、痛みを解決したくて色々な方法を試したことがある方も、シューイーズがあれば、靴がきつくて痛い時のストレスから解放されて、靴を履くことが一段と楽しくなるかもしれません。

気になった方は、ぜひチェックしてみてください。

 

 

この記事でご紹介した商品の購入はこちら

  • facebook
  • twitter
Copyright (c) Shoes Life All Rights Reserved.