ホーム > トピックス > スエードも喜ぶアーモンド効果。 – 新人スタッフ成長日記
公開日:2021/06/16    /  最終更新日:2021/10/15

スエードも喜ぶアーモンド効果。 – 新人スタッフ成長日記

ShoseLifeにお越しの皆さま、こんにちは!
名古屋では真夏日が続き、早くも暑いマスクにうんざりしています。
靴のお手入れだけでなく、自分の肌のお手入れにも気が抜けない季節が到来しました。
日焼け対策はもちろんのこと、エアコンのかかった屋内に長時間いることで
乾燥トラブルにも気を付けなければいけません。

実は、皮革製品も人間の肌と同じく乾燥と日焼けが天敵です。
特にスエード(起毛革)は表面が白っぽくなり、パサパサに硬くなってしまいがち。
今回は、乾燥&栄養不足&日焼けでパサパサに硬くなってしまったスエードにピッタリの
オススメアイテムをご紹介します。

サフィールのスエードお手入れ用アイテムを紹介します。

スエードは通気性も良く、素足で履いても柔らかくて気持ちがいいので
夏のファッションに取り入れて楽しむことができます。
わたしもスエードサンダルが大好きで、毎年サンダルに合わせてフットネイルのデザインを考えるほどです。
カジュアルの中に程よい高級感があり、ラフになりがちな夏のファッションを引き締めてくれる万能さに惹かれます。

と、言いながら、このピンク色のサンダルは数年前に購入したのですが
ファッションの趣味が変わってしまい、ワンシーズン履いたあとは観賞用として飾られていました。
久しぶりに再会したら、スエードとは思えないほどにカッチカチ!笑。
とっても可哀想なので、サフィールの力で美しく蘇らせてあげます。

サフィール スエード&ヌバックスプレーの画像です。

救世主となるのは、【スエード&ヌバックスプレー】。
補色ができるだけでなく、アーモンドオイルとフッ素配合なのでスエードに栄養と撥水効果を与えてくれます。
なんと全19色とカラーバリエーションが豊富なので、きっとピッタリのカラーが見つけられるはず。
今回は、オールドピンク(No.91)ベージュ(No.16)を使用します。

サフィール スエード&ヌバックスプレーを使用しているイメージ画像です。

まずは、ケアの基本であるブラッシングをして下準備をします。
汚れがひどい場合はクリーナーを使用しますが、このサンダルはブラッシングだけで大丈夫でした。
色をつけたくない部分は、マスキングテープや新聞紙などでカバーして
全体に万遍なくスプレーしていくと、ふわ~と少しずつ色が濃くなっていくのが分かります。
植物性のアーモンドオイルの効果で、暗くなりすぎずに本来の革の色も蘇らせてくれるので
革が生き生きとしてくるのが分かります。

スプレーとリキッドの違い。

サフィール スエード&ヌバックスプレーのビフォア・アフター画像です。

難しい色だったので心配でしたが、スプレータイプなので微調整もできて自然に仕上がりました。
ベージュはあまり色が濃く染まらないので、変化を求める方はワントーン暗めの色を選んでもいいかと思います。
アーモンドオイル効果で、カッチカチだった革も柔らかく戻りました。

 

わたしは過去に他社から発売されているスポンジ付きのリキッド(液体)タイプのものでスエードを補色していましたが、
リキッドだと万遍なく塗るのが難しく、つい塗りすぎてムラになってしまい、
時間も手間もかかって面倒だったのに比べて
こちらは所要時間10分もかからず、あっという間に補色できちゃいました。

 

それと、過去の製品を使用すると、なぜかスエードがパサパサになっていたのですが
気になって調べてみたところ、油分が一切配合されていなかったのです。
そりゃ、乾燥しますよね…。
スエードにも油分は必要なので、しっかりと成分を確認して購入しましょう。

 

ずっと履いていなかったサンダルも、お手入れすると愛着が湧き
今年はたくさん履いてあげようと思いました。
おうち時間がしばらく続きそうなので、眠っている過去の思い出たちを
綺麗にする有意義な時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

では、また。

 

 


今回ご紹介した商品のご購入はこちら


 

著者近影

ルボウ新人スタッフ

ayuさん

ayuさんは2021年5月にルボウに入社した正真正銘の入社したてのド新人。前職で靴の販売に携わる中で靴や靴のお手入れについての知識を深めていくことで、すっかり靴磨きの虜に。
心機一転、今度はルボウ社員として皮革製品のメインテナンスを通じて靴やかばん、革小物を大事に長く美しく使い続けることを使命にみなさんと一緒に多くのことを学んでいきます。
そして、初心者として・女性として、などさまざまな観点から自分が学んだことをこの「ShoesLifeシューズライフ」でアウトプットしていきます。

Le Beau
  • facebook
  • twitter
Copyright (c) Shoes Life All Rights Reserved.