ホーム > トピックス > 30秒で、かわいいはつくれる。 – 新人スタッフ成長日記
公開日:2021/06/09 

30秒で、かわいいはつくれる。 – 新人スタッフ成長日記

ShoseLifeにお越しの皆さま、こんにちは!

いよいよ、わたしがホンモノのシューケアを知る旅がスタートしました。

学ぶ過程で感じたことや気付いたことを『備忘録』としてメモのように記していくので、

いつか読み返したときに“初々しいな~”と思えるくらいに自分が成長していることを目標とし、シューケアを愛する誰かのために存在するコンテンツとなることを期待しています。

 

今回は、わたしがサフィールに魅力を感じたひとつ、“パッケージやラベルのオシャレさ”をお伝えしながらオススメの商品をご紹介していきます。

サフィール ユニバーサルレザーローションとクリーニングローションの商品イメージ

サフィールを知ったとき、そのオシャレなルックスから「まるで化粧品みたい!」という感想を抱きました。

初めて会社のショールームを訪れたときは、百貨店の化粧品売場に行ったときのようにときめいて胸が躍ったほどです。

コスメを選ぶとき、見た目の可愛さや売場の雰囲気はとても重視されますよね。

コスメ好きじゃなくても、目に映るものがオシャレなものだと、それだけでテンションが上がります。

シューケア用品もトータルで揃えたくなるものなので、家にたくさんコレクションしている人も多いはず。

ブルーとイエローが印象的なサフィールは親しみやすく、ブラックとゴールドのノワールは高級感漂いリッチな気分にさせてくれるので、

その日のファッションや気分で使い分けたくなるのもコスメと似ているなと感じます。

見た目だけじゃなく、中身も見てほしい。

サフィール ユニバーサルレザーローションの紹介

そんな中でも今回ご紹介したいのは、レトロな可愛さがたまらない【ユニバーサルレザーローション】。

こっくりとしたテクスチャーの乳液が入っていそうな見た目でお風呂上がりに肌に塗りたくなりますが、れっきとした革専用のケア製品です。

しかも、万能なオールインワン!

効果までもが基礎化粧品のような、シューケアビギナーでも扱いやすい優れもので、サフィールの中でも特に女性人気が高い製品です。

ケアしたいもの全体に薄く塗り伸ばすだけで、革に必要な3つの機能、“汚れ落とし・栄養補給・ツヤ出し”が一度に叶えられます。

ズボラなわたしは基礎化粧にオールインワンを愛用中なので、これは便利さも納得できて自宅に1本置いておきたい製品です。

バッグやお財布など小物のデイリーケア用に持っていると便利で、ガッツリとクリームを塗りこむようなケアには抵抗がある方にもオススメです。

実際に革のお財布のお手入れをしてみている画像

1年ほど愛用中のお財布をケアしてみました。

この大きさだと、コットンにお米2粒分くらいの量で充分です。

サラサラと塗りやすく、少量でも革全体に馴染んでいくのが分かります。

今回が初めてのケアだったので革は乾燥しまくっていたはずですが、シミになることもありませんでした。

動物性油分はシミやムラに注意が必要ですが、こちらは植物性のホホバオイルが原料なので安心して使用できます。

ちなみに、ホホバオイルは有名ブランドのスキンケア用品にも配合されている天然成分で、

髪の毛や皮膚の乾燥を防ぎ潤いを与える作用があるとのこと。

皮革製品に効果があるのも納得です。

ビーズワックス(蜜ロウ)も配合されていますが、大袈裟なツヤは出ないので自然に仕上がります。

このビーズワックスもよく化粧品に配合されている原料のひとつなので、

やっぱり人間の肌と皮革製品は同じように扱わないといけないなと改めて勉強させられました。

愛用の革のお財布のケアが完了

所要時間わずか30秒ほどで完了しました!

塗布した後は、柔らかい馬毛ブラシで優しくブラッシングをしてあげると

革製品の高級感が引き立ち、さらに仕上がりが良くなります。

 

おうち時間も増えたことですし、1ヵ月に1回、たったの30秒でいいので

革と向き合う時間を作ってみませんか?

モノを大切にする気持ちが芽生えて、新しい発見もあるかもしれません。

 

では、また。


今回ご紹介した商品のご購入はこちら


 

著者近影

ルボウ新人スタッフ

ayuさん

ayuさんは2021年5月にルボウに入社した正真正銘の入社したてのド新人。前職で靴の販売に携わる中で靴や靴のお手入れについての知識を深めていくことで、すっかり靴磨きの虜に。
心機一転、今度はルボウ社員として皮革製品のメインテナンスを通じて靴やかばん、革小物を大事に長く美しく使い続けることを使命にみなさんと一緒に多くのことを学んでいきます。
そして、初心者として・女性として、などさまざまな観点から自分が学んだことをこの「ShoesLifeシューズライフ」でアウトプットしていきます。

  • facebook
  • twitter
Copyright (c) Shoes Life All Rights Reserved.