ホーム > トピックス > なぜコルドヌリ・アングレーズのシューツリーは愛されるのか。
公開日:2021/04/22    /  最終更新日:2021/04/23

なぜコルドヌリ・アングレーズのシューツリーは愛されるのか。

コルドヌリ・アングレーズ 高品質の秘密

前回の記事では、コルドヌリ・アングレーズというシューツリーブランドの背景についてご紹介いたしました。

コルドヌリ・アングレーズというシューツリーブランドについて。

今回はコルドヌリ・アングレーズのシューツリーの品質の高さにクローズアップしていきたいと思います。

 

目次

  1. こだわりは原料から。ハイクオリティは良質の木材から始まる。
  2. 伝統的な商品は近代的な設備で作られる。
  3. まとめ

 

 

1.こだわりは原料から。ハイクオリティは良質の木材から始まる。

フランスでは森林保護の観点から伐採に制限や許認可が必要であったり、防虫や乾燥などの木材の保存処理においても厳しい規制が課せられています。

木材がシューツリーになるまで。

フランスの政府機関で管理されている森林で伐採されるブナ材を使用。

コルドヌリ・アングレーズのシューツリーは規制の厳しいフランスにおいて、国の政府機関である森林局で管理されている森林で伐採される信頼性の高いブナからさらに選別されたトップグレードの木材を使用しています。
安全で信頼性の高い木材はエコにも配慮された最高品質の木材となります。

 

2.伝統的な商品は近代的な設備で作られる。

創業1886年と、100年以上の歴史を誇る木型・シューツリーメーカーであるコルドヌリ・アングレーズは職人たちが築き上げた伝統は守りながら、よりよい製品づくりのための設備の近代化にも積極的に取り組んでいます。
もちろん機械に置き換えることのできない職人たちの技は継承され続けています。

さて、コルドヌリ・アングレーズのシューツリーの特長として、その仕上げの美しさが挙げられます。木の風合い、肌触りを残しながら美しい光沢を出すニス仕上げにはとてもこだわりがあります。

一般的には、木材にニス仕上げをすると水気や汚れに強くなる反面、吸湿性が損なわれます。ニスが木材の表面をコーティングしてしまうからですが、そうすると木製シューツリーの場合、シューツリーとして必要とされる「靴の中の吸湿・除湿」という重要な機能の一部を失うことになるわけです。

シューツリーの製造工程のイメージ画像

シューツリーの製造工程のイメージ画像

世界中で愛されるシューツリーがここで作られます。

コルドヌリ・アングレーズのシューツリーはこの仕上げの工程で、「ウォーターベース バーニッシュ(特殊水性ニス)」という特別なニスを使っています。
新技術を採用した“バーニッシングマシン”による新開発の特殊水性ニス加工が実現しました。
極微細な噴霧技術はシューツリーの表面に薄く均一的にニス加工ができるようになりました。

ウォーターベースバーニッシュのメリットは光沢を出し、汚れの付着や経年劣化を防ぐ効果をもたらしますが、一般的な木工ニスとの大きな違いは「吸湿性」です。
極微細な噴霧技術によって、無加工・無仕上げの状態のシューツリーとの比較で「75%程度まで吸湿性が保たれており、木製シューツリーの利点を損ねることのない美しい仕上げを実現しています。

 

コルドヌリ・アングレーズ シューツリーの美しさと機能性

特殊水性ニス仕上げは美しさと機能性の両方を兼ね備えています。

ちなみにシューツリーで使用される金属パーツには、強度・耐久性に優れる合金を使用しています。
見た目にも美しく、またそこはかとなくアンティーク感もあって、伝統のシューツリーブランドにピッタリの風合いを醸し出してくれます。
実用性と美しさを兼ね備えた商品作りは、コルドヌリ・アングレーズだからこそのこだわりと言えます。

 

 

まとめ

前回記事でも触れたように、コルドヌリ・アングレーズは世界中のシューメーカーの木型(ラスト)を手掛けるパーフェクタ社が、その木型をベースに作り上げるシューツリーとして、抜群のフィット感を発揮し、シューツリーとしての性能を十二分に体感できるプロダクツとなっています。
当然、型が良いだけに留まらず、上記のような細部にまでこだわり抜いた製品づくりのスタンスが、創業から100年以上経つ現在においても靴好きなユーザーの心を掴んで離さない魅力として世界中で愛されているわけです。

 

 

  • facebook
  • twitter
Copyright (c) Shoes Life All Rights Reserved.