ホーム > トピックス > 伝統の英国シューケアブランド“DASCO(ダスコ)”について その1
公開日:2020/11/30    /  最終更新日:2021/03/02

伝統の英国シューケアブランド“DASCO(ダスコ)”について その1

DASCOダスコのレトロなイメージ画像。

イギリスのシューケアブランド“DASCO(ダスコ)”。

皆さん、“DASCO(ダスコ)”というシューケアブランドはご存知でしょうか?

一部に根強いファンも多いシューケアブランドなのですが、まだまだご存じない方も多いかもしれません。
そこで今回はこの“DASCO(ダスコ)”というブランドについてご紹介いたします。

 

 

“DASCO(ダスコ)の歴史”

Dunkelman&Son Limited SHOWROOM

“DASCO(ダスコ)”は1946年にフレディー・ダンケルマン氏によりイギリスで設立されたDunkelman&Son(ダンケルマン&サン)社が展開するシューケアブランドです。

Dunkelman&Son(ダンケルマン&サン)社は当初、アイスホッケー用のスティックを製造する会社として創業しました。(ちなみに創業者であるフレディー氏はそもそも1948年 スイス サンモリッツオリンピックのアイスホッケー イングランド代表選手として選出されるようなプレーヤーでもあります)

イギリスオリンピック委員会 - OUR ATHLETES - Freddie Dunkelman

 

 

 

靴の木型を造る職人たち

1950年に靴の付属品、シューケア・レザーケア用品の開発をスタートさせた後、靴製作用の木型(ラスト)やシューツリーの製造を中核事業として成功を収めました。

1965年にはこれまでのロンドンから靴産業の聖地と名高いノーザンプトンに拠点を移し靴製造業者へのアクセスの利便性を高めました。
そしてChurch's(チャーチ)、Crockett & Jones(クロケット&ジョーンズ)、Edward Green(エドワード グリーン)JOHN LOBB・LONDON(ジョンロブ・ロンドン)、Joseph Cheaney(ジョセフ チーニー)といった名だたるシューメーカーの木型や純正シューツリーを手掛けていきました。

さらに1970年代には今日のような靴クリームやポリッシュ、その他アクセサリーなど高品質なシューケア用品を網羅し、総合シューケアブランドとして世界中にその名を轟かせるようになりました。

 

 

 

現在の“DASCO(ダスコ)”

ALMA(アルマ)グループ

2015年、Dunkelman&Son(ダンケルマン&サン)社はSAPHIR(サフィール)のメーカーであるAVEL(アベル)社を擁するALMA(アルマ)グループの傘下となり、AVEL(アベル)社の持つ優れた技術やノウハウなどを取り入れることで、最新トレンドへの適合やマーケットの拡大に取り組んでいます。

 

以前ご紹介したフランスのSAPHIR(サフィール)、スペインのTARRAGO(タラゴ)社と並び、イギリスのDASCO(ダスコ)も含め欧州の優れたシューケア・レザーケアブランドが強固な協力関係にあるっていうのは、なかなかすごいことだと思いませんか?

世界を代表するシューケアブランド“SAPHIR サフィール”とは。

世界を代表するシューケアブランド“SAPHIR サフィール”とは。その2

TARRAGO-タラゴ-というシューケアブランドをご存知ですか。

TARRAGO-タラゴ-というシューケアブランドをご存知ですか。その2

 

次回、伝統の英国シューケアブランド“DASCO(ダスコ)”について その2ではDASCO(ダスコ)と言えばコレ!という商品についてご紹介したいと思います。

 

 

 

  • facebook
  • twitter
Copyright (c) Shoes Life All Rights Reserved.