ホーム > トピックス > “クレム1925”が愛される4つの理由 その3

“クレム1925”が愛される4つの理由 その3

光沢を出すだけが目的じゃない、”ワックス”の秘密

サフィール ノワールのシューケア用品を代表するクレム1925。
前回は“クレム1925”が愛される4つの理由 の2つ目、「ペースト状なのに"油性”」のナゾ についてご紹介しました。

“クレム1925”が愛される4つの理由 その2

その高品質の秘密に迫る記事、第3回は主原料である“ワックス”についてご紹介します。

 

そもそもの話ですが、靴のお手入れをなさる皆さんは下記を理由に行われると思います。

・汚れを落としてきれいにする

・油分を与えて革のコンディションを整える

・あせたり、抜けた色を補う

・ツヤを出す

 

今回はこのツヤを出すために用いられる原料“ワックス”についてのお話です。

 

ワックスは日本語にすると蝋(ろう)です。
日常生活の中では文字通りロウソクに使われるほか、食品添加物、化粧品、建築資材といった幅広い分野で使用される素材です。
ワックスは、常温では固体である素材なので、水や油と混ぜ合わせて乳化させたり有機溶剤で溶かし柔らかくすることで固さを調整します。

 

一言に“ワックス”といってもシューケア用品で使われる物にも多くの種類があります。
パラフィンやシリコンといった石油由来の物やビーズワックス(=蜜蝋)、カルナバワックスなどの天然原料が代表的なワックスです。
ワックスの一番の特徴は塗布した部分に被膜を張り表面をコーティングしますが、その被膜は靴にどのような効果をもたらすのでしょうか?

 

 

ミツバチが巣を作る際に分泌する成分が“ビーズワックス”

蜂の巣から精製されたビーズワックス

ワックスが靴にもたらす効果

まずは前述した通り、光沢を与える効果です。
これはワックスの被膜により革表面が凹凸のないまっ平らな状態(平滑)になることで光の反射が均一になる(正反射)効果です。

凹凸が少なければ少ないほど、平であればあるほど、強い光沢が出ます。まったく凹凸のない状態にまで達すると鏡のような状態、いわゆる鏡面となります。

鏡面磨き(ハイシャイン)はこの現象の延長線上にある状態です。

 

そして天然原料のワックスならではの効果として保革効果が挙げられます。
揮発性の高い石油由来の原料とは異なり動物性、植物性などの天然原料が持つ栄養効果は皮革を乾燥などのダメージからしっかりと保護してくれます。

 

さらには皮革表面に張られる被膜が革自体が傷つくのを防いでくれる防キズ効果を発揮します。
ワックスの被膜上についたキズは再度お手入れをし直すことで難なく消すことができるので、もしもの時も安心です。

 

そしてワックスの被膜は水を通さないことから、しっかりと水を弾くことができるので防水効果を発揮してくれます。

 

 

こんな風に生えているカルナバやしの……

このカルナバやしの葉から採れるロウ分がカルナバワックスとなります。

まとめ

なぜシューケア用品にワックスが配合されているのか、光らせるためだけに入っているのか?と疑問に思われていた方もいらっしゃるかもしれませんが、本来靴クリームを構成しているワックスはただツヤを出すためだけでなく、栄養効果をはじめとした様々な効果を革に与えられるために用いられているのです。

特にクレム1925は前回までの記事でご紹介したように、油性という特性からワックス・油分が潤沢に配合されており、その効果は見た目にわかるほどしっかりと発揮されます。
言ってしまえば、光らせるだけなら石油由来のワックスでも十分です。ですが大切な革靴のコンディションを整えていつまでもきれいに履き続けるためにはやはり光沢以外の他の効果がいかに重要であるか、サフィールはその点にこだわり続けています。

 

ぜひとも靴をお手入れする際には、靴クリームのツヤ以外の効果についても意識してみてください。

 

 

 

本記事でご紹介した商品「サフィール ノワール クレム1925」のご購入はこちら
サフィール公式ショップ PrimeAvenue クレム1925

 

 

 

  • facebook
  • twitter
Copyright (c) Shoes Life All Rights Reserved.