ホーム > 店舗紹介情報 > 靴磨屋T.A.N.S. SAPHIR FRIENDS オーナーインタビュー その2

「靴磨屋T.A.N.S.」に聞くShoes Life


愛知県江南市にある「靴磨屋T.A.N.S.」では、メンズの革靴はもちろん、レディースシューズ、スニーカー、バッグや財布といった革小物のメンテナンスまで、気軽に相談に応じている。オーナーの稲田氏に、サービスの内容からセルフメンテナンスの方法まで、革靴、革製品を長く使うためのHOW TOを伺った。

  • Q:得意メニューはなんですか?
  • オーダーをいただくのは革靴のシューケア、シューシャインが多いですが、これまでの経験からスニーカーの洗浄も得意としています。コットン素材のスニーカーなら水洗いをしてしっかりと陰干しします。水洗いできない素材でも超音波洗浄で汚れを除去するなど、素材に合わせたケアを施します。

  • Q:価格はどのように決まりますか?
  • 料金表を用意していますので、ホームページを参照ください。通常のシューケアで落としきれない汚れやキズ、破損がある場合は、状態を確認してからお見積もりします。写真を送っていただくなどして仮見積もりを提示し、納得いただけたら商品の引き取りをして、実物を見てから本見積もりとなります。

  • Q:オーダーする際に伝えてほしいことはありますか?
  • どういうシーンで使う靴なのかは教えてほしいですね。ビジネスなのか、プライベートなのか、フォーマルなのか。ビジネスでも業種や職種によって、磨き具合は変わってきますので、お客さまにヒアリングしながら、仕上がりをイメージしていきます。

    また、セルフメンテナンスをどの程度されるのかも教えていただけるといいですね。靴磨きを自分でもするお客様でしたら、鏡面の下地をだけつくって少し光らせてお渡しすると、お客様自身で磨く楽しみも増すと思います。セルフメンテナンスはしないということでしたら、お任せいただいても構いません。

  • Q:メンテナンスに出してから仕上がりまでどれくらいかかりますか?
  • 対面でのシューケアは1時間ほど、お預かりの場合は1週間ほどいただいています。洗浄やキズ補修、修理などがある場合は2週間から1ヶ月が目安です。
  • Q:配送サービスはありますか?
  • 配送サービスを行なっています。メールやラインで依頼していただければ、集荷の手配をします。近隣市町村へのデリバリーサービスもあります。デリバリー対応範囲は応相談ですので、お問い合わせください。
  • Q:革靴以外のメンテナンスもしてもらえますか?
  • カバン、名刺入れ、財布など、革小物でしたらお引き受けできます。また、サテンやコットンといった、革以外の靴も素材を問わずお受けします。

  • Q:使っている道具やケア用品を見せてください。
  • シューケア用品はすべて〈サフィール〉のものです。独学で靴磨きをはじめてから、あらゆるメーカーを試してきましたが、品質のよさと使いやすさから、自然と〈サフィール〉を選んでいました。

    クリームを塗り込む豚毛ブラシは、東京・神田にある「山田ハケブラシ製作所」。すごく小さなハケ専門店ですが、職人が手植えしたクラフト感溢れるブラシがたまらないんです。

    ネル生地はオリジナルを作って商品化しました。なんの変哲もなくシンプルですが、生地の乾燥具合、柔らかさ、起毛の立ち方、厚みなど、プロ目線でどれもちょうどよい具合に仕上がっていて、シューケア初心者の方にも使いやすいと思います。



  • Q:セルフメンテで押さえておくべきポイントは?
  • セルフメンテナンスの基本は、ブラッシングでほこりを落としてから、クリーナーで汚れを落とし、クリームを塗ってブラシでなじませ、仕上げにクロスで磨くという手順です。

    この工程の中で見落とされがちなのが汚れ落し。ブラッシングでほこりを落とすだけでなく、クリーナーを使って汚れを落としてからクリームを重ねないと、古いクリームが蓄積して、履きジワの部分がひび割れのような状態になってしまいます。汚れ落としのひと手間を加えて、古い油分を除いてあげることで、仕上がりに大きな差がつきます。

    また、仕上げにクロスで磨いても光りにくくなったと感じたら、プロのメンテナンスに出すタイミングです。3週間に1回程度メンテナンスに出していただければ、いい状態を保てると思います。

  • Q:セルフメンテナンスに最低限必要な道具を教えてください。
  • ほこり落としの馬毛ブラシ、汚れ落としのクリーナー、クリームとクリームをなじませる豚毛ブラシ、仕上げ磨き用のクロス。最初に揃えたい道具はこの5点です。

    石油系のクリームを使うと、革本来の必要な油分まで取れてしまうことがあるので、値段は張りますが、なるべく植物性油分を使っているクリームがおすすめです。

  • Q:デパートなどで行なっているイベントについて教えてください。
  • 靴の新規購入者様にプレメンテナンスを施したり、シューケア用品の選び方や使い方をプロの目線からお伝えしています。靴を買ってワクワクした状態で、シューケアについてお伝えすることで、長く大切に履いてもらえたらうれしいですね。
  • Q:店主さんのとっておきの一足を見せてください。
  • 好きな靴はたくさんありますが、一足だけあげるなら、20年近く履いている〈ラッセルモカシン〉です。メイドインアメリカで、木こりのために作られたスーパーマニアックな靴です。トリプルヴァンプと呼ばれる3層構造で縫い目がないのでノンストレスで足がふわっと包まれるような感覚なんです。

    アメリカにも一緒に行った大切な靴ですが、修業時代には丸洗いしてから復元させたこともあって、シューケアの実験台になってもらった思い出深い靴です。

  • Q:最後にShoes Lifeを読んでいる方に一言お願いします。
  • 大切なもの、長く使いたい靴や革小物があれば、ぜひ当店にお持ちください。使い込んだ思い出のあるものを預けていただくと、職人としての腕が鳴ります。状態が悪くても、できる限り全力で復元しますので、諦める前にぜひ相談してほしいですね。

どんな質問にも、丁寧に応えてくれた稲田氏。靴磨き専門店は一般的にはまだなじみのない存在であり、身構えてしまう人もいるかもしれないが、そんな人にこそ気さくな店主がいる「靴磨屋T.A.N.S.」で靴磨きデビューをしてもらいたい。その先にきっと、靴との新しい付き合い方が広がっていくはずだ。

靴磨屋T.A.N.S.
TEL:0587-81-4697
愛知県江南市古知野町福寿50 Sunface St.3
11:00〜19:00
不定休

http://www.kutumigakiya-tans.com
https://www.facebook.com/kutumigakiya.tans
https://www.instagram.com/kutumigakiya.tans

Copyright (c) Shoes Life All Rights Reserved.