ホーム > トピックス > 【超強敵】友人から依頼されたバッグのシミ取りが大変すぎた・・・。- 新人スタッフ成長日記
公開日:2021/11/17 

【超強敵】友人から依頼されたバッグのシミ取りが大変すぎた・・・。- 新人スタッフ成長日記

 

 

今回のコラムは前編・後編に分けてお送りしま~す!

 

ShoesLifeにお越しの皆さま、こんにちは!

 

11/5に配信された第18回インスタライヴはご覧いただけましたでしょうか?

「アルコールや水が原因のシミ対策&予防法教えます!」と題し、皮革製品についてしまった予期せぬシミをクローズアップしてお送りしました。

わたしも水が原因のシミのお手入れを経験しましたが、あんなに簡単に解決できるとは思っていなかったので驚きました。

 

インスタライヴの数日後、偶然にも友人からこんな相談が。

「いつのまにかバッグにシミができちゃったから、なんとかならない?」と。

待ってました!と言わんばかりに二つ返事でOKし、バッグを預からせてもらいました。

前提として、購入してから一度もお手入れしていないし、シミができてからも何も対処していないとのこと。ほうほう…。

 

 

 

友人から借りたレザーバッグ

可愛い牛革のショルダーバッグです。一見、綺麗に見えますが、よく見ると…

 

 

レザーバッグのシミ

 

 

確かに、シミがあります。

何が原因のシミか不明ですが、インスタライヴで学んだ方法で消せるはずなので早速トライ!

 

・・・と、この時点では意気込んでおりますが、タイトルにもある通りこのシミは超強敵だったので長期戦となり、コラムは2部構成でお送りいたします。

 

 

 

対策.その1

レザーバッグの水拭き

 

 

まずは水拭き。

お手入れビギナーさんにはビックリの光景かもしれませんが、もしこちらが水が原因でできたシミであれば水拭きをしてシミの輪郭をぼかすのが効果的なのです。

布にたっぷりめの水を含ませて、余計に輪郭ができないように周りとのグラデーションをつけながら湿らせました。

・・・が、ほとんど何も効果が出なかったので次の作戦です。

 

 

対策.その2

レノマットリムーバーで拭いてみました

サフィールの強力クリーナー【レノマットリムーバー】を使用します。

頑固な油汚れにも効果的な中性クリーナーでまだ水分が乾く前に拭き取ります。

レノマットリムーバーは強力なので、今回の場合、乾いたまま使用すると色落ちする可能性があったので湿らせた状態で拭き取りました。

 

 

 

 

 

レノマットリムーバーで拭き取り後

 

 

湿ったせいもありますが、なんだか余計にシミが濃くなった気がする!?

圧倒的な信頼感のあるレノマットリムーバーでもダメとなると、わたしはもうお手上げ状態です。

 

 

そんなわたしを見かねて颯爽と現れたT中先輩。手には、タラゴの【ユニバーサルクリーナー】を持っています。

わたしのコラム初登場のユニバーサルクリーナーは、様々な素材に使用できる万能クリーナーです。綺麗なソーダみたいな色をしています。

中性のレノマットリムーバーがダメなら、界面活性剤のこちらで試そうという案でした。

 

 

 

 

対策.その3

ユニバーサルクリーナーで汚れ落とし

 

 

レノマットリムーバー同様、まずは水で含ませてから、ユニバーサルクリーナーをシミにトントン。

叩き洗いするイメージですね。それを2回繰り返しました。

ユニバーサルクリーナー拭き取り後

 

おおっと。若干輪郭が薄くなり、目立たなくなりました。

が、「これ以上は効果が期待できないかも…」とT中先輩にも匙を投げられてしまった強敵なシミ。

バッグ自体の乾燥が進んでいたので、一旦保革して様子を見るためサフィールノワールの【デリケートクリーム】を全体に塗布しました。

 

デリケートクリーム塗布

 

 

栄養が吸収されたことで革の色が濃くなり、多少シミは目立たなくなりましたがまだまだ目立ちます…。

シミ以外の部分は乾燥肌が解消されて、健康的な飴色に変化しました。カサカサだったものがスベスベに。

 

 

 

 

シミが超強敵になってしまった原因

 

ここまでやって分かったことは、おそらくシミの原因は水ではなく何らかの油

インスタライヴで学んだ水やアルコールが原因のシミに効果的な対処法では敵いませんでした。

そして、わたしの友人のバッグの使い方にも大きな原因がありました。

 

1.購入してから一度もお手入れしていない

バッグをお迎えした際のプレメンテナンスや、月1の定期的なお手入れをしていなかったことで汚れが付きやすくなっていました。

革の乾燥が進んでいて、油分や汚れが吸収されやすくなり頑固なシミとなってしまったのです。

 

2.シミになってからすぐに対処しなかった

シミができてからも放置してしまったことで、余計に取れにくくなっていました。

すぐに対処していれば、もしかすると簡単に落ちたかもしれませんね…。

プレメンテナンスと日頃のお手入れがいかに重要であることが改めて分かりました。

 

しかし、この状態ではせっかく依頼してくれた友人にお返しできないので、最後の秘策として「あの方法」に挑戦してみます。

そちらはビギナーのわたしには難易度が高いので、レクチャーをもらいながら実践するのでまた次回に続きます!

バッグの行方が気になりますが…乞うご期待!

 

では、また。

 

著者近影

ルボウ新人スタッフ

ayuさん

ayuさんは2021年5月にルボウに入社した正真正銘の入社したてのド新人。前職で靴の販売に携わる中で靴や靴のお手入れについての知識を深めていくことで、すっかり靴磨きの虜に。
心機一転、今度はルボウ社員として皮革製品のメインテナンスを通じて靴やかばん、革小物を大事に長く美しく使い続けることを使命にみなさんと一緒に多くのことを学んでいきます。
そして、初心者として・女性として、などさまざまな観点から自分が学んだことをこの「ShoesLifeシューズライフ」でアウトプットしていきます。

Le Beau
  • facebook
  • twitter
Copyright (c) Shoes Life All Rights Reserved.