ホーム > トピックス > 万能はダテじゃない!1本3役の有能アイテム その2

万能はダテじゃない!1本3役の有能アイテム その2

レザーローションの持つ3つの効果の1つ “ツヤ出し効果”

前回、ローションタイプのケア用品の良いところについてご紹介しました。
今回からそのメリットごとに掘り下げていきたいと思います。

 

まずは優れた“ツヤ出し効果”についてお話します。
靴やかばんなどの皮革製品(特に「スムースレザー」や「ツヤ革」と言われる一般的な皮革製品)をお手入れするときには、できれば簡単かつ手早くお手入れできれば……と思いますよね。
元々光沢のある革をお手入れする時に重視されるのはやはり「ツヤを出す」ことだと思います。元々の光沢感を保つことはもちろん、よりつややかに仕上げることで皮革製品の上質感を高めるのに役立つわけですが、常用なのはいかにワックスを豊富に含んでいるか、です。

ローションのビフォア→アフター実験

サフィールのユニバーサルレザーローションやノワールのレザーバームローションは乳液状のローションタイプでありながら、ワックスの光沢効果をしっかりと感じられる商品となっています。
靴であれば靴クリーム、かばんや革小物であればレザーケア用のクリームを使うことで最高品質のお手入れ効果を得られるのは当然のことですが、毎回毎回本格的なフルケアをするのも時間も手間もかかり一苦労です。一つだけならまだしも大切な皮革製品もたくさんあるとなおさらです。なので、一度しっかりとお手入れを行った後はその効果を持続させるための「繋ぎのケア」として手軽に使えるローションタイプのケア用品を使えば、ワックスの光沢感をローションの塗布と乾拭きだけで簡単によみがえらせることができます。

 

写真はわかりやすいように元々ツヤのない革に、ユニバーサルローションを塗布してみた実験画像です。中央をマスキングテープで仕切り、向かって右側にユニバーサルレザーローションを使用しました。ご覧の通り、左側のまったくツヤ感のない状態からローションを塗布して乾拭きをするだけで、ワックスの被膜が革表面に表れしっかりと光沢が出ているのがわかると思います。

採取後ペレットとして加工されたビーズワックス

ツヤのあるものはつややかに、光沢をしっかりと出しておくことで汚れや水気を直接皮革表面に触れさせないようにする保護効果も働きます。
見栄えだけでなく、保護・保革の観点からもツヤ革にしっかりと光沢を出すのがケアにとっては重要なのです。

 

ちなみに、サフィールのローションで使用されているワックス成分は「ビーズワックス」です。
ビーズワックスは紀元前の時代から用いられる天然原料で、ミツバチが巣を作る際に体から分泌する成分(ろう分)を精製したものです。当時は主にろうそくに使われたり、ミイラづくりの添加されていましたが、今日では食品・化粧品・医薬品など幅広い用途で使われており、大変身近な天然原料として存在しています。
レザーケア用品としては、ワックス被膜による「ツヤ出し」や「保護」、天然原料の特性としての「保革(栄養補給)」といった効果を発揮します。

サフィール ユニバーサルレザーローション のご購入はこちら
https://item.rakuten.co.jp/primeavenue/754903/

ノワール レザーバームローション のご購入はこちら
https://item.rakuten.co.jp/primeavenue/881522/

  • facebook
  • twitter
Copyright (c) Shoes Life All Rights Reserved.