ホーム > トピックス > 【新商品情報】『憧れのレプタイル行路』
公開日:2021/10/27    /  最終更新日:2021/10/26

【新商品情報】『憧れのレプタイル行路』

昔々、晴れた空、そよぐ風の中、爺ちゃんや祖母ちゃんから、

 

「ヘビの脱皮した革を財布に入れると、お金持ちになるんだわ~(名古屋弁)」

 

って、教えてもらったりしませんでした?

 

近頃では、脱皮の革どころかヘビ自体もあまり見なくなったので、若い方は知らない方かもしれませんね。
ヘビについては、昔からお金にまつわる話が全国的に多く、昔から珍重されてきたことが想像できます。
現代でも、ヘビに限らず、トカゲ、ワニなどの爬虫類は、その希少価値がクローズアップされたり、ワシントン条約等で輸出入規制がされたりしてますよね。

 

そんな爬虫類の革を使った、靴や鞄、ベルト、財布、どれも実にお高いです…。
うん百万の商品もざらにあり、私の様な庶民にはなかなか手が出せない革なのですが、運よく(?)手に入れた場合は、長く使いたいと思うのは当然ですよね。

そんな時に活躍するのが、今回発売となった、『サフィールノワール レプタイルクリーム』です。

 

サフィールノワールシリーズのは虫類用クリーム 『サフィールノワール レプタイルクリーム』

サフィールノワール レプタイルクリーム

『サフィールノワール レプタイルクリーム』は、ヘビ、トカゲ、ワニ、サメ、エイの革に不可欠な栄養を与え、皮革を保護する特別な処方で作られています。
厳選されたハードワックスとラノリンオイルが配合されており、ラノリンオイルが革の目を詰まらせることなく栄養を与え皮革の割れを防ぎ、ハードワックスで爬虫類独特の光沢を維持します。

 

サフィールの通常ラインでは既に発売されている商品ではありますが、その違いについては、製造元のAVEL社は「オードトワレとオードパルファムの様な違い」と説明しています。

 

分かりやすく言うと、『サフィールノワール レプタイルクリーム』は成分濃度が高く、より持続性があるという事になります。

使用方法は、最初に柔らかい布や、『サフィールノワール フィニッシャーブラシ』や『サフィール グランドホースヘアブラシ』などで軽く表面の汚れを落としてから、柔らかい布にクリームを取り、少し揉んでなじませてから全体に薄く優しく塗りこんで下さい。

 

皮革のシボの中にクリームが白く残る場合は、上記の柔らかいブラシで優しくブラッシンッグをして下さい。5分ほど放置してから別の柔らかい布で力を入れずに軽く磨き上げて下さい。

 

ただ、爬虫類の革の仕上げには様々な方法があり、その処方によってはクリームが合わない場合もあるので、必ず目立たない場所で試してから使用するなどの注意が必要です。

 

憧れの爬虫類革製品と歩む、人生行路のお供に、どうぞお試しあれ!

Le Beau
  • facebook
  • twitter
Copyright (c) Shoes Life All Rights Reserved.