Featured Staff

夏の定番シューズの調整は? ジュン・ジュンのシューケア探訪

西武百貨店池袋店と東急ハンズ名古屋店の靴磨き用品コーナー担当者のおすすめ情報をお届けします。
西武百貨店 池袋店 担当:麻生
東急ハンズ 名古屋店 担当:植田

ホーム > サフィールオフィシャルアドバイザーのワンポイントアドバイス > 夏の定番シューズの調整は? ジュン・ジュンのシューケア探訪
公開日:2021/07/27 / 最終更新日:2021/08/04

ShoesLifeをご覧の皆様

こんにちは。池袋西武担当のジュン・ジュンです。

さて今回は前回に引き続き続き「靴の調整」についてご紹介していきたいと思います。
前回は、きつい靴」の調整について説明しましたが、今回は「緩い靴」に使用するケアアイテムをご紹介していきます。
前回のジュン・ジュンコラムはこちら

痛い靴ってどうしてる? ジュン・ジュンのシューケア探訪

皆様、お察しの通り「インソール(中敷)」です。 

ちなみに以前は「全敷」についても説明しているので、宜しければこちらもどうぞ。 

柔らかいあたりの シープレザーインソール ジュン・ジュンのシューケア探訪

「インソール(中敷)」については以前も何度か説明していますが、皆様、夏時期で「ローファー」「スリッポン」の出番も増えてきたかと思います。 

その為、今回は「ローファー」「スリッポン」にお勧めの「インソール(中敷)」をご紹介したいと思います。 

SAPHIR(サフィール)シープレザーハーフインソール

SAPHIR(サフィール)シープレザーハーフインソールの特徴

靴の前足部に入れるタイプのハーフサイズの「インソール(中敷)」です。吸湿性のあるシープレザー(羊皮)が足に馴染みやすく裏側のラテックスシートが、中敷のズレを防止して、歩行時の衝撃を吸収してくれます。使い方も簡単で靴の前足部に敷くだけです。

なぜ「シープレザーハーフインソール」が「ローファー」や「スリッポン」などの紐無し靴に相性が良いかというと、紐の無い靴に「全敷」を入れると踵にも厚さが出てしまいます。

踵に厚さが出て、履き口が浅くなると、紐が無い靴は踵が脱げやすくなってしまいます。

その為、前足部だけに入れる「ハーフインソール」で靴の前足部に厚みをだし、足が靴の中で滑らないように固定することで足と踵部分のフィッティングが向上して踵が脱げ難くしてくれます。

もちろん、前足部にクッションが入ることで足当たりも良くなるので歩きやすくもなります。

前回のブログでも触れましたが、「靴が緩い」ことも足を痛める原因になります。

紐が無い靴の場合は靴が緩いことで、「靴擦れ」や「魚の目」の原因になる場合があります。

もちろん、履かれている靴のフィッティング状態で、靴に入れる「インソール(中敷)」の厚みや形状も変化します。可能であれば「インソール(中敷)」を試し、履き心地を確認するのがよろしいかと思います。

ジュン・ジュンが売り場に立っている池袋西武では、お客様がお試しできるように各種、「インソール(中敷)」のサンプルもご用意があります。

サイズやフィッティングでお困りの際は是非、ご相談ください。

では、また来週

ジュン・ジュン

  • 西武池袋百貨店5F シューケアコーナー

    麻生 潤 Jun Asou

    ジュンジュンこと麻生潤さんは靴学校を卒業後、某日本メーカー靴の専門店で販売員として従事した後、海外製の靴の販売とMTO(メイクトゥーオーダー)をメインに行う。
    そこで、末永く綺麗に靴を履く為にシューケアに目覚め、シューケアを独学で勉強し、さらにその後、現場での経験を増やすために、靴修理のお店で色々な靴のケアを行うことで造詣を深め、現在に至る。
    真剣に、時には笑いを混ぜながら楽しくシューケア情報の発信を行い、店頭で皆様にお会いできる事を楽しみにしております。

ShoesLifeをご覧の皆様

こんにちは。池袋西武担当のジュン・ジュンです。

さて今回は前回に引き続き続き「靴の調整」についてご紹介していきたいと思います。

痛い靴ってどうしてる? ジュン・ジュンのシューケア探訪

前回は、「きつい靴」の調整について説明しましたが、今回は「緩い靴」に使用するケアアイテムをご紹介していきます。

皆様、お察しの通り「インソール(中敷)」です。

ちなみに以前は「全敷」についても説明しているので、宜しければこちらもどうぞ。

柔らかいあたりの シープレザーインソール ジュン・ジュンのシューケア探訪

「インソール(中敷)」については以前も何度か説明していますが、皆様、夏時期で「ローファー」「スリッポン」の出番も増えてきたかと思います。

その為、今回は「ローファー」「スリッポン」にお勧めの「インソール(中敷)」をご紹介したいと思います。

Le Beau
Copyright (c) Shoes Life All Rights Reserved.