Featured Staff

見落としがちな足の甲部分のフィッティング ジュン・ジュンのシューケア探訪

西武百貨店池袋店と東急ハンズ名古屋店の靴磨き用品コーナー担当者のおすすめ情報をお届けします。
西武百貨店 池袋店 担当:麻生
東急ハンズ 名古屋店 担当:植田

ホーム > サフィールオフィシャルアドバイザーのワンポイントアドバイス > 見落としがちな足の甲部分のフィッティング ジュン・ジュンのシューケア探訪
公開日:2021/09/21 / 最終更新日:2021/09/21

ShoesLifeをご覧の皆様 

こんにちは、池袋西武担当のジュン・ジュンです。 

 

皆様、以前「ローファー」や「スリッポン」の靴擦れや、踵が脱げてしまう対策で「SAPHIR(サフィール)シープレザーハーフインソール」をご紹介したのを覚えていらっしゃいますか? 

夏の定番シューズの調整は? ジュン・ジュンのシューケア探訪

「シープレザーハーフインソール」は靴の前足部に入れて足が前に滑らないように調整する「インソール」ですが、他にも「ローファー」や「スリッポン」に最適な「サイズ調整用」のケアアイテムが存在します。 

ジュン・ジュンが売り場に立つ池袋西武で非常に多くのお客様からお問い合わせがある商品です。 

皆様もご存知の通り足の形は個体差があり、「甲が高い人」もいれば「甲が低い人」もいます。「ローファー」や「スリッポン」を履いた時に足が動く原因として「靴に対して履く人の甲が低い」ことも原因になります。 

その場合、「シープレザーハーフインソール」で前足部を調整するよりも、直接「甲部分」に対して調整することで、簡単にサイズを調整することができます。 

それでは、ご紹介します。「DolceLine(ドルチェライン)シュータンパット」です。 

「DolceLine(ドルチェライン)シュータンパットの特徴と使い方 

「DolceLine(ドルチェライン)」は「タラゴ」や「ダスコ」同様、「ルボウ」が販売するブランドの一つです。 

柔らかいウレタンフォームが甲部分に当たり、靴と足の甲の隙間を埋め、甲部分のフィッティングを調整して、「踵脱げ」や「靴擦れ」「甲の痛み」などを軽減してくれます。 

取り付けは非常に簡単で、シュータンパットについているテープを剥がして甲部分に貼るだけです。 

今回は「ローファー」「スリッポン」用にご紹介しましたが、もちろん紐靴にも使用可能です。紐靴の場合、甲部分に余裕があると「羽根」と呼ばれる靴紐を通す箇所のパーツが完全に閉じてしまいます。こうなってしまう場合は甲部分に余裕がある状態です。 

ちなみに「内羽根」の靴であれば小指1本、「外羽根」であれば人差し指1本、開いている適正のフィッティングだと言われています。 

皆様も、フィッティングの際や、靴が緩いと感じた時は是非チェックしてみてください。 

 

「ローファー」や「スリッポン」以外でも「甲部分」のサイズが気になるかたは、ぜひお試し下さい。「足と靴」の間にある、余分な空間を埋めることで、履き心地も変化しますので。 

 

では、また来週。 

 

ジュン・ジュン 

ShoesLifeをご覧の皆様 

こんにちは、池袋西武担当のジュン・ジュンです。 

 

皆様、以前「ローファー」や「スリッポン」の靴擦れや、踵が脱げてしまう対策で「SAPHIR(サフィール)シープレザーハーフインソール」をご紹介したのを覚えていらっしゃいますか? 

夏の定番シューズの調整は? ジュン・ジュンのシューケア探訪

Le Beau
  • facebook
  • twitter
Copyright (c) Shoes Life All Rights Reserved.