ホーム > トピックス > 動物性油分ってどんな油分なの?

動物性油分ってどんな油分なの?

 

大切な靴やバッグなどの皮革製品を、より長く使い続けるお手伝いをしてくれるケア用品の数々。

今回は、クリームやローション等に含まれる、動物性の油分について、素材の例とともにその特徴などをご紹介させていただきます。

ミンクオイルとは?

ミンクオイルとは、ミンクの皮下組織にある厚い脂肪層から得られる油脂です。

不飽和脂肪酸の含有量が多く、低い温度でも溶けて塗りやすいという特徴があります。また、表面張力が弱く皮革に浸透しやすいため、皮革の柔軟性を高めやすくなります。

ただし、油分によって革の色を濃くしやすいので、塗り込む量には注意が必要です。

高純度のミンクオイルは化粧品としても使用されています。また、ミンクオイルは紫外線の吸収性も高く、日焼けの予防効果もあります。

ちなみに、常温で液体の物をオイル(油)、個体の物をファット(脂肪)と言います。

 

ラノリンとは?

羊の皮脂分泌物を精製して得られる動物性ロウです。

羊毛工業が19世紀にイギリスのヨークシャー州を中心とした北・中部地区で発展する中で、染毛廃液からウールグリースを回収し精製したものをラテン語でWOOLを意味するLANNAにちなんでラノリン(Lanoli)と命名されました。

ラノリンは、皮革への浸透力が高く、保湿効果や柔軟性を高める効果があります。

 

ニートフットオイルとは?

牛脚の脂肉と骨から加熱抽出して得られる液状油です。

比較的細い足を持った牛のような動物は、暖かい動脈と冷たい静脈の間で向流熱交換を使用しています。そのため、体の芯よりもはるかに低い温度を許容および維持するようになっています。

皮革への浸透性が高い油分になりますが、皮革への酸化も高いため皮革の色を濃くしてしまうという特徴もあります。

 

 

ビーズワックスとは?

ビーズワックスはワックスと名のついたロウ分ではありますが、光沢を与える役割だけでなく、皮革に浸透して保革効果を持たせる役割も担っています。

ビーズワックスは、ミツバチが巣作りの際に腹部にある分泌腺から分泌するロウ(WAX)です。古代エジプト時代からミイラの保存にも使用されていたことでも知られており、保革効果を与える代表的なロウ分です。

保革性や潤滑性が高く、化粧品や医療品にも使用されているため、安心してご利用いただけます。